2016年08月

2016年08月26日

希釈冷凍機 導波路 9 「同軸線アニーリング」

今日もぐったり疲れました。配線したり、バックアップサーバのHDD換装したり。

そんな中、新しい冷凍機の入力同軸線のアニール作業を行いました。アニールは焼きなましという意味ですが、私たちは低温環境への慣れという意味で使っています。同軸線は外部導体、誘電体、中心導体からできています。外部導体は金属ですが、誘電体は温度変化による膨張収縮が激しく、常温から低温に冷却中にその熱膨張の違いにより同軸線が破断することがあります。続きを読む

jjq303dev at 23:30|PermalinkComments(0)冷凍機 

2016年08月25日

量子ビットを設計する 1 「基本的な説明」

最近、目まぐるしく忙しいです。水面下でいろんなことが加速し始めていて、帰るとぐったりです。

忙しいのはさておき、フランスからの学生さんが帰仏しました。彼のテーマはずばり超伝導量子ビットの設計。いわば本丸、いえ天守閣の部分ですよね。人手が足りないのでインターンシップの学生さんに5か月で設計をお願いしておりました。

超伝導量子ビットの設計、難しそうに思うでしょう。もちろん、いいものを作ろうとするとそれなりの苦労がありますが、ほとんどの問題を古典的な電磁界計算に押し込めて、有限要素法(FEM)でばりっと計算すると、それなりのことが分かります。彼にはこの電磁界シミュレーションを担当してもらっていました。続きを読む

jjq303dev at 23:30|PermalinkComments(0)量子ビット 

2016年08月23日

量子ビット制御装置 8 「制御ソフトウェア編」

午後からはFPGAのソフトウェア側のコーディングです。

Pythonでのプログラム、実は嫌なんですよね。C言語やC++の方が素直というか。未だにダックタイプによるプログラミング慣れずにイライラしっぱなしです。今日午前中のこともあり全てC言語で書いてPythonでラップする作戦も考えましたが、ここはPythonで行きましょうと舵を切ってしまいました。続きを読む

jjq303dev at 23:50|PermalinkComments(0)制御装置 

良しあしを測る1 「クリフォード群生成器」

午前中にちょろっとクリフォード群生成器をコーディングしました。

量子ビットが一つの場合、対称群S4になる事は分かっているのですが、実装は計算が高速な置換群で実装しました。これから2量子ビットの実験も視野に入れると、Pythonで実装は無理がありそうなのでC言語で実装します。続きを読む

jjq303dev at 23:30|PermalinkComments(0)量子ゲート 

2016年08月22日

周辺環境 3 「圧着端子」

今日はお客さんが来て身動きできなかったんですけど、ケーブルと圧着端子を選定して購入しました。

サイト1ココの転載ですが、自分のためにまとめておきます。VCT(ビニルキャプタイヤ)の場合です。続きを読む

jjq303dev at 22:30|PermalinkComments(0)冷凍機 

2016年08月19日

希釈冷凍機 導波路 8 「出図」

ケーブルホルダの件です。

あれやこれややっていて、ホルダーの図面を製作依頼することをすっかり忘れておりました。部品的に耐久に疑問があったので、設計もやり直して、図面もちょっと書き直しました。ということで出図です。みんなに検図して欲しかったのですが、あまり興味なさそうなのでチェックになりませんでした。残念。続きを読む

jjq303dev at 23:30|PermalinkComments(0)冷凍機 

2016年08月15日

量子コンピュータはどうやって動くのか 「参考文献」

量子コンピュータがどうやって動くのか、解説記事を見つけました。

量子コンピュータ:4.
スケーラブル量子コンピュータの最先端と量子情報技術の展望

一般の方は読めないと思います。私にご連絡いただければ、著者にに連絡してみます。


jjq303dev at 17:48|PermalinkComments(0)研究 

2016年08月12日

量子ビット制御装置 7 「AD変換器」

A/D変換器の帯域幅を測定しました。いろんな都合上、A/D変換器は200MSa/sで動作しています。ちょっと物足りないですよね。なので、アンダーサンプリングで測定してみようと思いました。例えば150MHzの信号は50MHzにおり返して測定されますし、250MHzの信号も50MHzに折り返して測定されます。続きを読む

jjq303dev at 23:30|PermalinkComments(0)制御装置 

2016年08月09日

量子ビット制御装置 6 「DA変換器」

どうやらバグは、データ列が反転していたようでした。D0 D1 D2 D3 と並ぶべき波形データが、D1 D0 D3 D2 と並んでいたようです。32bit-64ビットのバス幅を変換した際に、順番が逆になっていただけでしたので、直ぐに解決。

DA変換器の帯域幅を測定しました。このD/Aコンバータを実装しているFMC150ボードは80MHzカットオフのアンチエイリアシングフィルタが内臓されていて、せっかくのD/Aコンバータの帯域幅を生かせません。基板の裏側にBypass用のランドが出ていて、0Ω抵抗によりフィルタを外せるとのこと。続きを読む

jjq303dev at 23:30|PermalinkComments(0)制御装置 

2016年08月05日

希釈冷凍機 導波路 7 「入力同軸線 見積もり編」

熱流入レートを計算しました。

銀って、すごいですね。外形が1.6mmというのもあるんですが、メッキ厚が5umもあれば冷凍機の10mKステージを温めてしまうのに十分な程度の熱流入が見込まれました。ということで、銀メッキ線は、アウトー!
続きを読む

jjq303dev at 23:30|PermalinkComments(0)冷凍機 
プロフィール
日々徒然過ごしている研究員。

趣味は星、自転車、コーヒー。