2017年04月03日

「増幅器電源配線」

CIMG9518s
(クリックして拡大)

増幅器が入ったので、その電源の配線を行います。電源はKF16フランジというφ16mmのフランジにKF40へのレデューサ(外径の変換)を入れ、そのフランジにFischer社の真空レセプタクルを差し込みます。確か型番がDBEE105A038だったはず。18本=3本×6=(VDD+GND+ゲート)×6です。ゲート電圧端子が1本なのが良いですね。

写真はそのHermeticレセプタクルに配線用の基板を取り付けたところです。実際低温に向かう配線はφ0.1mm線なのでどうしてもその接続部が弱く、直接半田付けしても曲げなので断線しやすいことからこの基板を導入しています(前回のテスト時に配線中に切れて全部やり直しになりイラッとしたため)。とりあえずレセプタクルから基板まではAWG30の配線でつないでみました。


jjq303dev at 23:30│Comments(0)冷凍機 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
日々徒然過ごしている研究員。

趣味は星、自転車、コーヒー。