2017年08月19日

「一時的測定装置」

アドホックかつ一時的な測定装置でも、量子ビットが測れるようになると嬉しいものです。

縦緩和時間横緩和時間

量子ビットが測れるようになりました。測定結果は量子ビットの寿命を示しています。測定装置は、マイクロ波やラジオ波の分配器が手元に無かったり増幅器が足りなかったりしたので、本当に間に合わせの測定系を組みました。分配器はT分岐と減衰器を組み合わせて代用したり、ゲインブロックの逆方向比を使って漏れを抑えたりしてやっとこさ測定できました。

まだまだ位相安定性が悪いです。たまたま手元にRG174のコネクタがあったのでそれらを使ってケーブルを作って配線を行いました。ネットワークアナライザで確認しても、少し振動させるだけで〜5°程度位相がブラブラしてしまいます。一方で波形発生器とAD変換器のクロックジッタは1°程度に収まっていることを確認しています。増幅器もヒートシンクを付けずに裸のままにしています。大きな熱容量のあるものに熱アンカーした方がよいでしょう。最初の測定結果は(たぶん)エアコンの温度に依存したケーブルの位相回転に量子ビットの信号埋もれてしまって、みえませんでした。

もう少しケーブル回りや、増幅器の伝搬遅延の温度変化に気を付ける必要がありますね。反省ばかりのファーストトライでした。


jjq303dev at 22:35│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
日々徒然過ごしている研究員。

趣味は星、自転車、コーヒー。